相続までの流れメインビジュアル

相続することになったらどうすればいい?

相続とは、亡くなった人(被相続人)の財産を他の人(相続人)が受け継ぐことをいい、手続きなど複雑で難しいと思っている人も多いでしょう。土地や建物、株券や預貯金など、さまざまなものが財産となり、家族や親族が相続人として受け継ぐことになります。相続の手続きはお金に関わる非常に大切なことなので、民法や相続税法など法律によって、細かく規律が定められています。きっと不慣れな多くの手続きが必要になるので、弁護士や税理士などの専門家に依頼をすることになるでしょう。しかしトラブルが起こりやすい相続の問題ですから、本人もある程度は知識を備えておくことが大切です。このサイトでは、もし相続手続きをすることになったら、という時のことを考えて、相続の大まかな流れを解説しています。税理士へ相談する前に知っておくと、話もスムーズに進むはずです。

おうちと影

時系列

相続の手続きは専門家なしで行うには複雑で難しいことが多く、調査や必要書類の収集など時間がかかるケースも少なくありません。また相続税については、申告期限までに納めなければならず、申告・納付を怠った場合、延滞金の発生や、特例措置が受けられなかったりする場合もありますので、必要書類の収集を期限内に行い、手続きを済ませなくてはいけません。ここでは、手続きが必要な遺産相続とその期限について時系列で説明していきます。
もっと詳しく

todoリスト
  • 山本富彦税理士事務所
    相続税の事前対策をアドバイスします。税理士と一緒に考えましょう。
    〒444-0814 岡崎市羽根町字小豆坂165番地1
    http://x-yz.jp/

死亡確認

ここでは被相続人の死亡直後に行う手続きについて説明していきます。親族が死亡した時、「何をどう進めていけばいいのかわからない」という方がほとんどかと思います。 遺族は、死亡の事実を知った日から期限内に速やかに手続きを行う必要があります。ですが、事故や災害など被相続人が生死不明の場合はいったいどうすれば良いのでしょうか。 残された家族や親族にとっては気持ちの整理がつきませんが、放置していても問題が生じる場合がありますので、万が一に備えて基本的なことだけでも理解をしておきたいですね。
もっと詳しく

遺言書

遺言書は、財産を所有する人が、自分の死後に財産をどのように分けるのか示した法的な書類で、遺言書によって指定された内容は遺産相続において「遺言者の意思」が最優先されます。 遺言書は、遺産相続をスムーズに進めるために欠かせませんが、遺言書の作成には法律の厳格な定めがあり、要件を満たさない遺言書を作っても、法的な効果を発揮しません。 ここでは、遺言書について解説していきます。
もっと詳しく

遺言書
  • http://www.y-taxoffice.com/
    岡崎市で相続や会社設立のご相談はお気軽に。
    税理士法人エスペランサ岡崎オフィス
    愛知県岡崎市柱4丁目5-14
    TEL:0564-55-2700

相続人

相続人とは、親族が死亡して遺産を引き継ぐ人で、民法によって定められています(法定相続人)。遺言書が無い場合は、法定相続人が相続人となり遺産を相続することになります。 代襲相続や2次相続の場合、会ったことのない相続人が判明するケースも。その相続人を含めずに相続を行った場合、協議のやり直しやトラブルに発展する場合がありますので、まず誰が相続人になるのかしっかり確認する必要があります。
もっと詳しく